カンボジアでの不正を許さぬ会

人任せ、安心な投資などあり得ない。

「キリロム工科大学 学生・保護者被害者の会」のwebサイトをシャアします。

日本での訴訟でキリロムの実態が多くの良識ある日本人に伝わることを望みます。

学校での警察を出動させて日本人学生への暴力事件を広く日本、世界の方々に伝わって欲しいです。

(https://www.blogger.com/profile/07592225973313936082より引用)

「強制退学だ!30分以内に学校から出ていけ!」(副学長 釜我昌武 東京都、東工大、千葉大、東芝中央研究所)とお金もチケットもない学生をプノンペン空港に放り出したキリロム工科大学です。監禁暴行の当日は朝9時から外部とも連絡も取らせず、飲食も与えない状態でしたので、当日20時に私が保護をして、空腹も頂点だと思い、まずは食事へ!と向かいました。

これだけでも監禁、非人道的な扱いで犯罪です。釜我昌武に関しては日本でも監禁暴行で罪を問うらしいです。当然でしょう。

突然、キリロムの学生と食事する機会ができましたが、みんな若いことと、今まで衛生管理の悪い食事で「生きるために」仕方なく食べていた食事だったせいで、元気よくと言いますか、むさぼるように食べていたのが印象的でした。酷い話だと思います。

ここである学生の話が投資に関して語ります。

今年、「キリロム会議」の場で発言の機会があり、学生寮オーナーの前で意見を述べたそうです。

「学生寮の食事を改善しないと住む人がいつの日かいなくなりますから改善が必要です。」(学生)

しかし、学生寮のオーナーでこの意見に耳を傾けるどころか、全く反応が無かったそうです。

(自分の投資しているアパートに無関心な人たちでダメだな。。。)

と学生でもそう感じたそうです。

当然のことで数日間のキャンプ場でなく4年間大学生活を過ごす寮に冷蔵庫や洗濯機もないWi-Fiもつながらない、毎日停電の状態が入居者が満足するのかにも気が回らないオーナーたちでしょう。

厳しい意見を言えば、不動産投資などに向かない人たちです。

家賃保証、買取保証があるから入居者の現状など全く関係の無いことと考えていることは確かです。運営母体が何とかしてくれる、安全、問題はないだろうではないでしょか。

でも投資に「絶対」「安全」など存在はしません。

学生がいなくなり、運営母体がこけたら「安全」は崩壊します。

人任せの無関心で投資など上手く行く訳がない、ましてここはカンボジア、海外です。

ちなみに「キリロム会議」では、普段と違うメニューが振る舞われるようです。

お膳立ての前で現実が益々見えなくなるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

POSTED COMMENT

  1. クメーラー より:

    この事件初めて知りました。酷い奴らですね こんなのがカンボジアで学校やって金儲けしてるなんて、ただの詐欺師集団ですね 明らかにしてくれてありがとうございます。気をつけてください

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。