キリロム

キリロム猪塚武ファウンダー カンボジア不動産協会アドバイザアーに就任?ライセンス、許可の有無は?

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

削除申請された記事より 虚偽は誰か?
 WAOJE理事 キリロム猪塚武ファウンダーに不動産ライセンスの有無、不動産開発許可の有無を問うて、今日のファウンダーの上記ツイッターが回答なら意味分からない?

 

 しかし、キリロムを注目している人から誤解した連絡がたくさん入ってきたので事実だけ公表します。
 カンボジア不動産協会(以下、CVEA)のアドバイザーに就任したとツイッター投稿です。
 不特定多数の方に発信していることなら凄いことかもしれませんが、私のキリロムの不審点になら回答になっていない。
 分かったことは、A2ATOWN,キリロム工科大学等、猪塚武ファウンダー本人やその関係ではCVEAのメンバーになれない、つまり猪塚武ファンダーは不動産ライセンスを所持していないことが確定しました。カンボジア経済財務省の言葉通りでした。

 

 不動産ライセンス無しに不動産売買、仲介を行っていればモグリ、違法行為です。
公式発表でありませんでしたが、猪塚武ファウンダー自らが無ライセンスであることを証明してくれました。随分回りくどい告白でした。

 

アドバイザー2
ところで、CVEAのアドバイザーには今日就任したのか?いつか?はっきりしません。
そしてCVEA会長から受け取っている証明書は何と書いているのか???
全然見えません。
アドバイザーCV

CVEAの事務局に問い合わせて取りよせてみました。↑

アドバイザーCV3
 日付は2019年6月20日になっています。上記の猪塚武ファウンダーの画像は昨年の画像?
それとも壁に取り付けた額から外して、わざわざ持ってきて今日画像を撮ったのでしょうか???
さっぱり分からない。
アドバイザーCV2
猪塚武ファウンダーのツイッターには、「カンボジア不動産協会(CVEA)のアドバイザー」と書いています。
でも証明書には、「Advisor as of President of CVEA」とあり、「CVEA会長のアドバイザー」と訳すのではないですか?

 

プレジデント
猪塚武ファウンダーのFacebookにも「President at A2A TOWN」とありますから、A2ATOWNの社長と訳しますよね。CVEAの組織でなく、会長のアドバイザーと訳すのが正しくないですか?
自己過大解釈が大好きな猪塚武ファウンダーらしいなと今さら驚きませんが、こんなこと今日やる必要があったんですか???

 

メンバー
 CVEAのメンバーは、カンボジアの不動産ライセンスを取得した企業しかメンバーになれません。
上記画像はwebサイトでメンバーが見られます。を付けたのは私も含めて日系企業です。
猪塚武ファウンダーの会社はありませんわ(^^
不動産ライセンスは持っていませんでした。もしそれで仲介やっていたらモグリです。

 

 そしてCVEAのアドバイザーでもない。
猪塚武ファウンダーは、日本でも宅建業者でも、不動産業の経験もないでしょう。
プロフェッショナルの企業に何をアドバイスしてくれるのですか?ITですか?
出資金の集め方ですか?
それなら私も聞きてみたいですが、実務で聞くことは全くありません。

 

WAOJEの会員から頂いた意見ですが、
アドバイザーだから?
アドバイザーだから何なの?って なんか笑ってしまいます。 アドバイザーだったらライセンスなくていい?いや猪🐗さん的には、アドバイザーになれるくらいだから無許可無免許じゃないはずだと解釈してくれということでしょうかね。」(WAOJE会員)

 

そういう意味でしたか。ようやく今日の猪塚武ファウンダーの投稿の意味が分かりました。
アドバイザーになれるくらいだから無許可無免許じゃないはずだと解釈してくれということでしょうかね。
そんなことで投資家保護が免除になる訳ないだろう。

 

 これはWAOJE会員の方の意見です。
もしこの読みを期待していたのなら、今日の私のブログを読んで猪塚武ファウンダーの信用は高まるどころか、より不審感が高まったのではないか?
ライセンス、許可の有無を質問されて、権威を持ち出して質問をごまかそうとする人物だと感じたのではないですか?
  アドバイザーになったからと言って、投資家保護の法規が免除になる訳ではないと思います。
 私たちの質問、不審感は、猪塚武ファウンダーが、正確な投資情報の公開に向き合う気があるのか否かです。
 今日は猪塚武ファウンダーが不動産ライセンスを所持していたなかったことが確定しました。
CVEA組織、CVEA会長のアドバイザーどちらでも結構です。
アドバイザーになれるような方だから優秀な経営者とみなされているのですから、法規を順守して不動産ライセンスなり、不動産開発許可をきちんと取得しましょう。

 

 CVEA民間の団体です。
日本人こそ、日系企業こそ先進国のメンバーとしての誇りを持って襟を正しましょう。
自己勝手解釈、勝手利用等、日本人、日系企業が行えば、見っとも無い、恥ずかしい。

 

不動産ライセンス、不動産許可はカンボジア経済財務省です。

 

次回のブログ更新の意欲になります
下記アイコンへ応援クリックをよろしくお願い致します。
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。