キリロム

また日本人学生を法的処置を講じると脅迫!キリロム工科大学猪塚武

キリロム工科大学学生・保護者被害者の会から情報を頂きました。

本日4月30日にキリロム工科大学に在学中の日本人学生が被害者の会に加わると連絡がありました。

在学学生が被害者の会へ参加の経緯をまとめました。

先週に日本人学生はキリロム工科大学に対して下記の通り抗議と請求をしました。

(1)強制退学の日本人学生とその後、その学生を刑事告訴したために危険を感じて復学できないこと。

(2)入学前の説明と異なる教育内容と環境

(3)ペンキ塗り等、IT学科と関係ない労働をインターンシップで強要したこと。

(4)キリロム工科大学の学校、学生が共有しているコミュニティサイトで取締役の公開資料「卒業時の学費返還に対しての対応」「現在の経営状態」から今後の大学経営への疑義。

とその他理由により、大学入学契約を債務不履行で解除し入学金及び授業料全額の返還を求めて、大学側の回答期日を2020年4月30日としていました。

2020年4月30日、キリロム工科大学の回答は、

授業料は返金不可である。

非公開の資料の閲覧、大学の同意なしに第三者に提供すると懲戒解雇となり、また、機密情報の開示は、大学を脅迫する行為は カンボジア王国の刑法に基づく犯罪行為である。

キリロム被害者の会に対して 不正流出した場合は、法的措置を講じる。

大学は、本件に関与した元学生の処遇を再考する可能性がある。 その結果によっては、授業料の一部を返金する可能性もあります。

学生は大学回答に対して返信

1⃣入学前の説明と乖離があるため、司法の判断に委ねる。

2⃣機密情報なら閲覧可能な場所に公開されている事自体が大学側の管理不足であり、社外秘との記載もないので学生間の共有資料と判断します。

3⃣ 訴訟で開示が認められた場合は、一般公開します。

以上のやり取りがあったそうです。

学生の抗議と請求の(1)~(3)は私のブログで以前から紹介してきました。

しかし(4)取締役の公開資料「卒業時の学費返還に対しての対応」「現在の経営状態」は、これは現在訴訟前で第三者に詳細は一切伝えられないらしいです。

※私も訴訟が始まればこの資料を入手しに裁判所に行き、公開したいと思います。

 

大学側の回答では、学生の(4)の資料で大学側が慌てているのが伝わってきます。

(1)~(3)への回答は全く無し。(4)のみに集中しています。そして強制退学をさせられた日本人学生たちの時のように刑事告訴で脅迫しているように感じられます。

今回の日本人学生は、同日4月30日でキリロム工科大学復学とカンボジアには戻らないそうです。刑事告訴すると脅しても無意味だと思います。

また大学回答の①と④は、①で学費返還は無いと伝えて、④では一部返還してもいいと全く矛盾しています。学生の(4)取締役の公開資料「卒業時の学費返還に対しての対応」「現在の経営」が学生に渡った事への焦りがここでも伝わってきます。

大学の回答への学生の返信で2⃣はもっとも考えます。

公開しておき、学生に問題を指摘されたら非公開、機密情報に変わるところは、従業員が行ったことなら管理不足かもしれませんが、経営に関わる取締役が機密書類と位置する資料を学生が閲覧可能な状態で公開していたことから、大学が杜撰な経営をしている証です。

詳細は分かりませんが、経営状態?財務状態ですかね?

仮に財務資料ならキリロムは2021年株式公開予定企業です。出資者に見せているものではないのですか?それなら学生に見られてもおかしくないはず???そもそも学生に大学内で起業させているのがキリロム工科大学の魅力ではなかったのですか?だから財務も起業をしている学生にも公開していたのでしょう。「大学を脅迫」は無茶ではないですか。機密書類を公開状態で保存しているとはあり得ないでしょう。最先端IT大学でしょう???

焦るのは、表と裏の財務資料があるのですか?間違って裏の資料を公開していた?

少し慌てる理由が分かりませんが、訴訟で一般公開されるのを待つしかありません。

本日。緊急事態宣言が延長されると報道されています。

裁判開始、資料公開までにはまだ時間がかかりそうです。

 

読者のみなさま、いつも応援ありがとうございます。

 

 

 

 

 

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    機密情報と慌てても誰もキリロムが儲かっていると思っていないし、500億も投資したは嘘話と分かっている。別宮か?取締役もそんな気持ちだったんだろう。何を今さら機密情報だ。

  2. キリロムには狂猪病が蔓延中 ワクチンなし より:

    キリロムも緊急事態宣言しなきゃいけないですね。

    民事・刑事両面から追及され、経営破綻という危機。
    学生の処分も超法規的措置の一環でした、日本だってやってるじゃないですか、とか言い訳してくれそうな気がする。猪は阿呆だから。

  3. 匿名 より:

    表と裏の財務資料、投資家から金を出させる時の粉飾の財務資料と真っ赤かの財務資料とを分けていて、間違って真っ赤かを公開していた。そして学生にどうなっているんだ!になってしまたって、キリロムの経営陣は猪塚筆頭にバカばかりだな。学生の裁判が始まって真っ赤か資料が出てきたら、次は投資家が俺たちが見た資料と違うとなれば詐欺で訴えられるぞ。キリロムにとってはまさに機密書類だな。そのミスで学生の犯罪だは見苦し過ぎるよ。学生の裁判が待ち遠しい。

  4. 匿名 より:

    やりとりをみる限り、双方既に法定代理人にアドバイスを受けてやりとりをする段階に入っているみたいですね。

    それでも弁護士はしょせん依頼人が希望する方針に沿って仕事をするわけですし、猪塚さんの返事はある意味これまでとロジック的にはほとんど変化がありません。これ相当厳しいですよ。

    要するに機密情報といったってしょせんは自分たちで出したものでしょう。おそらく大したものではないと想像しますが、その説明が外に向けて行っているのと違うから公開されると困るんでしょうね。だから第三者に提供すると懲戒解雇(これ退学の間違いでは?)になるとか言ってるものと想像できます。

    いずれにしてもこのやりとりは、大学に対して疑念を持った現役学生を、被害者の会の元学生たちに対して行ったことと同様に、またも強制退学にすると脅しているということの証です。

    現役学生に対して被害者の会に加わって欲しいとしか思えないような返事で、そのことに猪塚さん本人が気づいていないのが本当に痛々しい。

    猪塚さんは外に対する説明で、被害者の会の話はほぼ捏造だが元学生たちとの間にコミュニケーション不足があったのは事実なので問題収束に向けて努力するとか言っていますよね。

    これ、コミュニケーションを図るどころか問題さらに大きくしていませんか?そういう風に外から見られることを分かっているのでしょうか。

    優秀な弁護士を雇えば法的アドバイスは受けられますが、大学のイメージや学生、投資家、ファンドに与える影響までは考えてくれませんし、まず猪塚さん本人に助言を聞くつもりがないでしょう。それよりなによりこんなことやっていたらいずれ弁護士に匙投げられますよ。

    キリロムの返事には「非公開の資料の閲覧、大学の同意なしに第三者に提供すると懲戒解雇(退学?)となり」とあります。それに対してこの学生は第三者には訴訟前には出せないと明確に答えています。ならば強制退学にはならないですよね。被害者の会はこれで「元学生&現役学生」が共にキリロム工科大学の不正を糾弾する会となりました。

    でもおそらくキリロム工科大学は無茶苦茶な理由をつけてこの学生も強制退学にするでしょう。疑念を持った学生は即むりやり退学、そんな大学のどこに未来がありますか?再生回数がほとんどなく誰も見ない無意味な宣伝動画作ってる場合ではないのでは?

    猪塚さんは自らのエゴと身勝手な主張をゴリ押しして、ますます問題を大きくしています。末期的とはまさにこのことです。

  5. カンボジアのニラマン より:

    日本の首相ならば、札ビラをドンドン印刷して国民すべてに10万円、次の世代に借金を残し、これで辛抱治郎!はいサイナラですが、
    猪の国の王さま、いかがなさりましょうか? 外野席もVIP席もこのブログを楽しんでる様に見受けますが、良い弁護士がそろそろ必要ですよ。
    進むも地獄、撤退も地獄。今ならコロナ騒ぎを理由にドロンできますが、対応を誤るとサドンデスになります。

  6. カンボジアのニラマン より:

    忘れてましたが、解決できる方法ですが
    KITマネーを発出するのも、数多くある一つの選択肢です。
    検討してみてください。
    茶化してません、本気です

  7. 匿名 より:

    キリロムHPより

    「特別検討委員会設置のお知らせ」

    「本学はこの度、本学と利害関係を持たない第三者委員を含む特別検討委員会を設置し、本学と本学から退学処分等となった学生らとの間で一連の紛争が生じた原因の究明及び当該紛争に関する事実の存否、並びに本学の学生に対する一連の対応の妥当性及び学校運営に対する検証、評価を行っていただくこととしましたので、ここにお知らせ致します。特別検討委員会の委員や期間等の詳細について、追ってお知らせ致します」

    問題の存否について結論を下せるのはお手盛りの委員会ではなく民事裁判で本件を担当した判事です。というか何故問題の存在を自分で認識できないのでしょうこの人たちは。ライセンスの件と一緒ですね。

    そもそも論として「問題があったかどうかを利害関係を持たない第三者を『含む』」とか書いている時点で意味不明。利害関係を持つ人も参加する委員会のどこに客観性があるんですか?自作自演委員会やりますと公言しているようなものですよ。知恵浅すぎ。

    ただこの委員会については、現状まで積み重ねてきた猪塚武語録&主張のままでは世間的に通らず、裁判も負けるので軌道修正を図りますというサインでもありますね。おそらく違法行為はないが意思疎通の面で問題があったとか改善すべき点がどうこうとかのたまうはずです。

    どうせなら特別検討委員会の委員長・猪塚武とかそれくらいの振り切り具合で面白おかしくやってほしいものですが、まあそこまで馬鹿ではないでしょう。おそらくは日本人がパッとみてよくわからないけどなんか肩書偉い感じの外人(たぶんカンボジア人多めと予想)を並べてあとは弁護士とかではないかなと。

    • ワロタンゴ委員会 より:

      利害関係のない第三者による公平かつ客観的な判断を下す、すなわち司法の役割ちゃうんw

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。