キリロム

継続は力なり!教育、人を育てるとは!個を尊重!当たり前にすべきこと!

コロナで自粛していたトレ再開、今年3月までに150kを持ち上げる目標で140kgまで持ち上がっていたのが、昨日久々に再開すると120kgがギリ2回持ち上げるのがやっとでした。

継続は力なり!です。また反復反復を地味に繰り返さないといけません。

本当に空手道ってサボると直ぐに弱くなる。。。面倒くさい競技も39年お付き合いです。

継続は力なり!学校、教育くらい始めたら責任もって続けるものだろう。それを信じて学校、教育を選びます。門をくぐる者は無くなるものと思わない。だから継続できないってどういうことだと思う。私の責任ではありません。政治力を使おうとも必要がなければ淘汰されるだけです。

教育に高い理念など必ずしも必要が無い。必要なのはいかに人材を育てるかの想いと信念、そして継続力だと思います。

私は大学1回生の時に子供の指導補助から始まり、震災後、先輩の道場の少年部の開設と指導を任されて、2004年に自分の道場を持って、カンボジアに来る2013年まで月曜から土曜日まで指導して日曜日は大会、試合の引率で46時中、子供のこと、指導のことを考えてばかりでした。仕事などやっていません。ただし現在の仕事は親から引き継いだボンボンではないですよ。

私の道場は仕事でなく、私の流儀と妻と相談して近所の子供から月謝を取らずに無償で指導していました。貧富関係なく学ぶ意志があれば誰でも平等にで、道場は自宅の1階の8畳間で始まり、100畳ほどの常設道場にしてしまいました。子供だけでなく夜からは大人も指導していましたから毎日半日以上遊んでいるような状態でして、2012年頃にもっと自分の仕事に打ち込みたい気持ちになった、悪く言えば仕事に対しての向上心が抑えられなくなって、一般部で指導ができる方に全てを任せてカンボジアに進出することになりました。

たまにしか学校に来ない人物がいくら社会貢献、高い理念と語っても私には全く心に伝わってくるものはありませんでした。教育、人を育てるとはそんなものでないと私の経験からです。

先輩の道場を任された期間を合わせると20年以上指導していますが、子供は決して好きではありません。私を知る方は私が人の好き嫌いが激しいことをよく知っています。人付き合いもあまり得意ではありません。子供の頃から学校の先生と上手くいったことは一度もありませんでした。しかし、20代の時に指導をするにあたって、指導する子供に能力差があっても悪ガキであろうと全ての子供が嫌いにならない、えこひいきしない平等に扱える私自身が信じられない私の性格を持っていることを発見したことに正直驚きました。

怒ってばかりの指導でしたが、今思えば子供の成長が楽しかったこともあり、道を通して個々を尊重できたからかもしれません。

強制退学させられた学生6名は、ブログで名前こそ知り、ブログをシェアすれど初めて会う学生ばかりでした。2020年2月27日は突然の出来事です。6か月くらいの短い期間であれ共に生活をすれば個を尊重することが学校の人間はいないのが信じられないです。学生でなく投資家しか見ていません。未成年者も2名いました。脅迫に暴行傷害をあたえて外国の空港に放り捨てて、後は日本大使館に連絡をして面倒を見てやってくれには激しく怒りを感じます。

旅費くらい持っていないのかと批判する日本人もいました。こういう最も論みたいなことを言って善い人ぶる日本人が本当に多い。学生によくそんなことが言えたものです。今回のコロナで困窮している人にも同じようなことが言える人でしょう。カンボジアは外国です。JRに乗って帰省するのとは違います。私からすれば感性、思慮が欠如した人物です。

学生の身を案じて良心的な日本人から宿舎の提供の申し入れも頂きました。本当に私も学生たちも感謝いたしました。ただ学校側から善意の協力者に危害を加えることを危惧してお気持ちだけ受け取ることにしました。

善意の申し出をして頂いた日本人の方々は、その後、その素晴らしい行為を自慢することもなくごく普通に振る舞われています。そう考えると最近パフォーマンスばかりが目立つ方が多いと思い私個人的には好きになれません。

カンボジアに進出している神奈川県藤沢のセンチュリー21富士リアリティの永松社長などは、今回の不当退学で学生が被った被害、奨学金の返還義務に対して便宜、猶予等、役所に働きかけてくれています。学生に全く落ち度などありません。当然救済されるべきです。学生全てが豊かな家庭ではありません。親に負担をかけたくない気持ちで「実質学費0円」を信じて進学を決め、ある学生は社会人を経て奨学金を利用して入学しています。永松社長そんな活動も表に出さずに動いていただいています。パフォーマンスでなく無言有実が美徳と私は感じます。

「空港に放り出されたところを日本人の方に助けてもらった。」と学生の言葉が報道の一部にありました。私のことです。学生の感謝の気持ちを報道に入れてくれたのだと思います。それは非常にうれしく感じています。

この時のことを学生保護と私も言葉を使いますが、実は当たり前のことをやっただけであまり使いたくない言葉です。

私には学生たちと同級の大学生の娘がいます。将来知り合うことがあって娘が困っていたら本当の友達がしてあげるように力になってくれたらいいよとは言っています。私個人への特別な感謝など必要ありません。本当に当たり前のことをしただけです。

学生たちと年代が近い私の空手の教え子が、成人して社会人や大学生になって、ふらっとカンボジアや日本帰国時に道場や会社に来たりします。道場生たちにも「君たちが先生と同じ歳になった時に先生と同じことができるかどうか、思い出して考えてくれたらいいよ。」と言います。今回の学生たちにも同じ気持ちです。私は今年53です。30年後どう感じてくれるかです。同じことができる余力があれば誰かの役に立ってあげてくれたらうれしいです。それが自分の家族や友人であってもいいと思います。

一時、カンボジアと言えば、ボランティア、ボランティアの言葉ばかりだった気がします。あまり好きな言葉でないです。ボランティア事業って言うのもありましたね。

ボランティアとは必要な時にやることで、必要がなくなるまで続けなければならないことだと私は思っています。

最近、私はカンボジアでボランティアとあまり言葉を耳にしなくなりました。私だけかもしれません。しかし、例えば井戸を掘ったりとか継続する方はパフォーマンスもなく継続し続けています。こういうものだと私は思います。

長くなりました。以前から「継続は力なり」「教育、人を育てる」「個を尊重する」「当たり前にすべきこと」について一言言いたかったです。

「学生の刑事告訴を下げろ!」と間に入った方から脅かしが伝わってきます。

脅迫で未成年への傷害事件がもみ消されるなら、日本に帰国した学生が事実、実名を法廷で述べるでしょう。

「学生のことは学生に言えよ!」とだけしか私は言いません。事件経緯で関わることはあれど決意、決定は学生たちです。どうして他人の私に言うのか全く理解できません。

馬鹿だとバカにしていた学生たちに来月に入りますと学生たちに訴訟提起されます。

事件の真相解明だけでなく、事業家としての資質を問われる、今後の事業を占う訴訟になります。

事業全貌が明らかになることは、どのような影響が出るのか予測しがたいです。

週末5か月ぶりに帰国して1か月くらい滞在して様子を見に行こうと思います。裁判所に提出した後の証拠閲覧も目的です。もちろん日本の事業も点検確認の目的もあります。

成田便になりますね。東京で会える方、時間が会えばマスクしてお話でもしましょう。

その証拠資料でZOOMで検証会も面白そうですね。一緒に大笑いしましょう。

 

読者のみなさん、いつも応援ありがとうございます。

遅くなったなあ、朝トレは無理だな。

自民党は9月入学辞めるみたいですね。今ニュースで、だめですね日本は。

 

 

 

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    素直に格好良い生き様だと思います。
    ご本人が自覚されていないようですが、今回の件で学生は谷さんに助けられて当たり前だなんて全く思っていないでしょう。
    明確に言えるのは保護されていなければ泣き寝入りだったでしょう。慈善とも媚びず、ひたすら行動で示す、背中で物語る。美徳とはこういうことを指すのでしょうね。

    対象的に猪は、汚職官僚達を買い、刑事告訴をもみ消すような事でもしているのでしょうね。普通ならこれだけ事件から経てばとっくに捕まってるでしょう。
    教育者を名乗るのにここまで真逆の人間って居るのかと関心、観察対照的に非常に面白い個体ですよね。このような狂人を相手にしている谷さんの気苦労は図りしれませんが…
    カンボジアの詐欺撲滅、啓発活動に邁進されること、これからも応援しております。

  2. 匿名 より:

    猪塚武氏にとっての当たり前とは地元警察を動かして&教師も一緒になって携帯の中身を見せろと学生を恫喝した挙げ句強制退学、さらに自己を正当化。問題解決に動くどころか自分はユーチューバーを目指すと公言。最後は頭を下げるなら許してやっていいと開き直りつつ最後は学生と握手をして別れたいと思いますという決めゼリフ。俺が基準、俺がスタンダードという思考、しかもそれが通る&支持されているという全く根拠のない猪塚氏の確信。はっきり言ってまともではない。

  3. 匿名 より:

    谷さんと猪塚の違いは明らか言うまでもない。学校で一番の貧乏な学生を探していると学校を廻って高校生を騙して奨学金という借金を負わせる。金が入れば退学だの糞野郎は逮捕されて欲しい。だが賄賂とかでもみ消しそうなことを平気でやりそうだ。こんな糞に日本大使館がレターを送っていることも糞だ。

  4. 匿名 より:

    1. 本特別検討委員会の設置の目的:

    一部の日本人学生に対する退学処分及び学習環境・生活環境に関して、退学処分となった学生や、一部メディアによる主張と大学の主張との間に大きな乖離があります。本特別検討委員会は客観的な視点から双方からのヒアリングを行い、一連のプロセスや大学が学生に提供する環境について検討し、実態の把握、原因分析、再発防止策、本検討を踏まえた大学側として取るべき対応を、本学に報告・助言することを目的としております。なお、現在、退学に処せられた一部の学生が本学を相手に訴訟を準備しているとの情報がありますが、本特別検討委員会は裁判を前提とした活動とは位置付けておらず、本学と在学生・元学生の間で起こった事案について、当事者及び関係者各位に対して実態を把握したうえ報告することを趣旨としております。

    https://www.kirirom.info/lovekit/%E7%89%B9%E5%88%A52/

    ツッコミどころが多すぎて書ききれないがあえて挙げるなら以下。

    ・すべての問題はこの1点に尽きると思うが、大学関係者が参加している委員会がなぜ「客観的な視点から」などと言えるのか。
    ・本学に助言・報告することを目的と書いていながら、趣旨は「当事者および関係者に対して実態を把握し報告すること」。要するにこれは学生のためや問題解決のためではなく、自分たちのための委員会と自ら公言しているに等しい。独立性が疑わしい委員会が把握した実態が真実であるとなぜ言えるのか。そのような委員会が把握した「実態」なるものを外に向けてアナウンスするというのが趣旨というのであれば、委員会ではなく単なるキリロム代弁者と考えるべき。
    ・双方にヒアリングを行うというか被害者の会がそもそもそのような委員会の開催を求めているのか。それ以前にキリロムの人々は自分たちの問題をなぜ自分で把握できないのか。学生に対してなぜ自分たちが向き合おうとしないのか。
    ・そもそも双方の主張が全く違うから司法に判断を委ねるという話なわけで、この委員会はそれに対してキリロムの人々が自分用に都合よく作った疑似法廷のようなもの。必要性も正当性も意義も価値もまるでなし。

    あと5月1日に設置する予定ですとかアナウンスしておいて月末に「5月1日に設置されました」と報告する時点でどう考えてもおかしい、ということをキリロムが分かっていないのも痛すぎる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。