キリロム

キリロム工科大学への刑事告訴の遅延について(被害者の会HPより)

キリロム工科大学被害者の会HPより引用いたします。

キリロム工科大学への刑事告訴の遅延について our-criminal-complaint-is-delay

先ず、キリロム工科大学の職員から脅迫、拘束、暴行、傷害を受け不当退学。強制退去させられた学生からキリロム工科大学の経営陣は刑事告訴されています。
これは2020年02月28日に受理されました。(被告: 猪塚武、釜我昌武、別宮健三郎、Leng Phirom)
※書面は事件経緯から確認できます。
カンボジアのメディアでもこの事件は報道されました。

新型コロナウィルスの影響などもあり動きは遅れていましたが、今週月曜日(2020年06月09日)に猪塚武らへ逮捕状が送付される予定でした。
ところが、弁護士から連絡があり、何らかの事情で逮捕状がなかなか押印されないとのことでした。

また、キリロム工科大学のHPでは事実に反する誹謗中傷を行っているとして学生を刑事告訴した旨記載があります。
学生の主張がどのようにして事実に反しているか(大学HPにて)支離滅裂な見解しか出せていない(具体的な証拠も無い)大学ですが、
この手続きは比較的スピーディーに進んでいるとのことです。

何故、『脅迫、拘束、暴行、傷害事件』が『誹謗中傷』より優先されるのかは不明ですが進展がありましたらお知らせ致します。
今後ともよろしくお願い致します。

※私たちの一件からもカンボジア司法が適切に運用されているとは考えられません。これからキリロムの投資、
出資問題で紛争が発生することが予測されますが、同国では十分に気を付けられた方がいいと警告します。

以上です。

読者のみなさん、いつも応援ありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。