キリロム

猪塚武キリロム工科大学訴訟、2020年新入生0名損害6000万円。原因はウジ虫学食、学生強制タダ働き、学内ラブホテル計画、学生脅迫監禁暴行傷害事件では?

キリロム工科大学猪塚武事件でブログ筆者に対して8900万円を訴えてきている訴訟ですが、訴状から17の争点があることを2020年7月22日のブログ記事で書きました。

前回のブログ記事では争点の「ゴルフ場で5億円集めた金はどこに消えた?」は今後追及されるでしょう。

ブログ筆者が入手したキリロム工科大学資金繰り表では、2019年には5億円もの金は無いことは確認できています。

金がない代わりに、現在のキリロム株価の評価はいくら、何年後には株価はいくらになる等の妄想空想評価による株価が書かれているだけでした。キリロムの株価を信じた、信じている投資家は大変ですね。事業収益は上がっていない、借地に資産価値など無いに等しい。そんな企業の株価が上がる訳有りません。

ブログ筆者の虚偽と訴訟で主張するようですので5億円の在りかは、猪塚武に法廷で答えなければなりません。投資家のためにはブログで公開します。

黙秘と言えば、民事裁判では黙秘はできませんが、黙秘したら黒確定です。

今日は争点の13,14をテーマにブログを進めていきます。17の争点はこちらをクリックして下さい。

13.KITへの2019年度の日本人入学者数の実績は、合計21名であったものの、本件各記事及び本件各動画の影響により、2020年度の日本人入学者はゼロとなり、後記ウの逸失利益にとどまらず、KITの運営事業に著しい損害が生じている。その損害額は少なくとも金5000万円を下らない。

14.2020年4月にKITへ入学予定であった先端技術IT学科の学生2名が入学を辞退した(甲10)。したがって、被告による前記(1)及び(2)の行為により、原告vKiriromは、先端技術IT学科の入学費等の金額に照らし、少なくとも1000万円の入学費等を逸失している

13,14で損害賠償請求額は6000万円です。

しかし入学生0名と入学辞退2名は本質的にダブっていると思います。雑な訴状だと思います。同じ内容で1000万円オンは悪質です。ここにも金欠ぶりがうかがえます。

争点を検証する前に重要な前提を言わなければなりません。

キリロム工科大学は、A2ATOWN CAMBODIA(以下、A2A)という法人の運営です。

ところが今回の訴訟人は、キリロム工科大学東京事務所(委託業務会社)、猪塚武、別宮健三郎です。A2Aの名前など出ていません。訴訟人と関係のない法人の争いを対象にするのは不当です。

その他にもキリロムグループの被害申告をしていますが、キリロムグループは総称であって法人ではありません。またVキリロムはシンガポール法人です。いずれも訴訟人として出ていません。

A2Aが訴えていない限り、訴訟対象として成り立たないと思います。この点は訴訟で争います。A2Aで日本で訴訟するのは無理があると思います。だからA2Aの名を隠している、弁護士も知らないのではないですか。知っていてやっていたら悪質です。

一応6000万円のキリロムの主張を検証しますが、

2020年入学生が0名になったのはブログ筆者の責任ではありません。キリロムの運営に問題があっただけです。

ウジ虫学食・・・ウジ虫が湧くくらい衛生管理の悪い学食の学生たちの改善要求を学校側が行わなかったからです。

学生強制タダ働き・・・学長の個人的な参加団体「WAOJE」のキリロム会議のために授業をサボらせてホテルの建設を「インターンシップ」と偽って労働に従事させる。その後、「ボランティアである。」と学生を欺いたこと。

学内ラブホテル計画・・・猪塚武のFacebook記事より(現在削除)

学生への脅迫監禁暴行傷害事件及び強制退学・・・「スマホの中身を見せろ!ここはカンボジアだ!日本とは違うぞ!カンボジアの法律で逮捕する!(釜我副学長)」「刑務所に行かないだけ有難いと思え」(猪塚武)

以上だけでも学生はこんな怖い大学に進学しようとは思わないし、保護者も我が子を託そうとは思わないはずです。

少なくともこれらが2020年入学生0名の原因でしょう。

実際に0名の原因が数字にも表れています。

2018年2019年一期生、二期生は35名

2019年4月 日本人学生29名

事件前 20名

事件後 13名

現在  9名

2020年11月 さらに学生は減少予測、情報ではおそらく3名くらい残るかどうかです。

です。

私がブログしなくても学生減少傾向にあります。学生がいなくなるか学校が存続するかどちらかでしょう。

一期生が退学の際にも猪塚武はSNSで学生に非があると書いています。

二期生の減少にも日本人学生がいない方が幸せであるとも書いています。

学生は金儲けのための物ではありません。

猪塚武らに教育に従事する資格が無いだけです。

しかし、キリロム投資家の前では、日本人留学生が欲しい、2020年11月の入学に向けて営業を頑張ると言っています。

2020年入学者0名は私の責任では全くありません。

読者の皆様、いつも応援ありがとうございます。

youtube「カンボジア不動産チャンネル」ではもう少し詳しい内容です。

 

 

 

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    全くその通りですね。
    学生に非がある、日本人学生はいない方が幸せ、そう思うような経営をしてる時点で自己責任。ブログのせいにするのはお門違い。
    タイ人やベトナム人を誘致して幸せになれるならそうすればいい。
    そもそも論、名誉毀損で自分の経営の尻拭い損害賠償請求は不当では。。

  2. 匿名 より:

    自ら日本人学生を否定し非難しておきながら、退学生続出、入学生0の現実を目の当たりにして自己批判するどころか谷氏に責任を負わせ、挙句の果ては損害賠償してしまう。
    猪塚は自分の言動や行動を忘れてしまうパラノイアなんでしょうね。
    言った事や書いた事はすべて保存されているのに、そんな事言った覚えは無い!書いた記憶が無い!と堂々と言い切ってしまう。
    心臓に毛、どころか剣山が生えてると思われるほどの今日心臓の持ち主だからこそ、ここまで壮大な法螺話が出来るんでしょう。
    ここまで物語が大きいから誰もが話の全てが嘘だと思わず年季の入った投資家でさえつい信じてしまうんでしょうね。
    確かに政治家に向いてるタイプかも知れない。まあ、人徳が全く無いので政界へ進む事は無理でしょうけど。
    そういや一度地方選挙に出たんでしたっけ。惨敗でしたものね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。