キリロム

キリロム工科大学猪塚武、訴訟の閲覧制限申請?そんなに知られたら困ることばかりですか?

キリロム工科大学被害者学生の裁判公判が2020年8月28日から始まるというのに、猪塚武というか、猪塚武、増田弁護士コンビというか土壇場で笑わしてくれることが多い多いです。

被害者学生からの情報によりますと、猪塚武は裁判を神戸地裁から東京地裁に移管しろと申請しています。その理由が笑える。

金がかかる。。。猪塚武よ、大学が訴訟人です。猪塚武の不当な強制退学で経済的被害を被っているのは被害者学生達であり、大学と被害者学生達の経済格差は明らかであり、金がかかるとは理由にならない。そこまで被害者学生を経済的に追い込もうとするのか非道も甚だしい。それとも金欠がそこまで酷いのか?知らぬ間に東京事務所の資本金が1万円から1000万円に変更になっていました。

日本人の高校生の皆さん。留学先には絶対に選択しないように!こういう非道な人物が経営者です。

その他理由は、関西にはカンボジアからの直行便が飛んでいない。

今、成田も飛んでいないし、ANAはおそらく廃便になるでしょう。別に直行便で関西に来る必要もないし、猪塚武も東京にいるでしょう?少なくともカンボジアではないはずです。

そしてこれも被害者学生の情報ですが、カンボジアでの被害者学生達の猪塚武らへの刑事裁判ですが、被害者学生達は裁判所、検察の指示に従い書面を期日通り提出して完了していますが、猪塚武らは検察の出頭命令を2回無視して、3回目の出頭期日を3度変更して期日を延ばしているそうです。

延ばした理由が、コロナで日本から出頭できない(あれ?日本の裁判所には関空に直行便がないと)。呼び出し状の住所が異なっている(あれ?キリロムが提出した書類に書かれている住所に送っている)。弁護士が変更したなどらしいです。

猪塚武は両国の裁判所に逆のことを都合のいいようにカンボジア在住、日本在住と使い分けしているようです。

期日など延期しても逃げることはできないと思いますが、どうして正々堂々とできないのか。情けない。

その他、裁判開始引き伸ばし工作を行っているようですが情報入手次第公開していきます。

さて本題です。「裁判閲覧制限の申請」です。

ブログ筆者私の裁判と被害者学生たちの裁判両方に猪塚武、増田弁護士が申請したようです。

実は私の弁護士も初めてのことらしいです。そんな必要がある裁判と思えません。

例えば、特許や技術に関する争いの場合、その情報が紛争当事者以外に公開することを制限する時などに行われるようです。これなら理解できます。

被害者学生達への閲覧制限申請が訴訟人(学生)の名前と住所を閲覧制限申請してきています。被害者学生達の名前はキリロム工科大学の機密情報だと?????????????

被害者学生達は自らの意思で訴状に名前住所を出しています。大学は強制退学させられています。名前を公開するしないは被害者学生達の自由、猪塚武らに言われる筋合いはない。

これには以下の理由が考えられます。

・被害者学生達の名前、住所がマスコミや報道に知られて取材をされることを防ぐため。

・裁判でこれから公開されてはマズイ情報を防ぐために布石を打ってきている。

と考えられます。例えば、

准看護師小林マリンに関しては必死になって削除申請をしてきている背景があります。

一方、私の裁判では昨日その情報が入りまして、まだ郵送物を見ていませんので、何を閲覧制限の申請をしているのか分かりません。

いずれにしろ

お願い!お願い!見つめちゃ イヤー

キューティーハニーですか。それとも

非公開、閲覧制限など北朝鮮と同じ。裁判は日本です。

そもそも公開されたら不味いことだらけならどうして裁判始めたのか?

一貫性が全くない。

出資者、投資家たちに知られたら不味いことだらけなのは明らかです。

被害者学生達の裁判に私は口出しできませんが、私の裁判に関しては、

キリロム工科大学、猪塚武の不審な金集め、不審な投資、不審な学校運営、虚偽だと主張して私への加害活動や業務妨害などの真相解明のための裁判、そして裁判の内容を広く日本人に公開することです。

財務状況が悪ければ投資家保護のために速やかに公開する必要があり!

猪塚武らは2021年株式公開予定のはず、公開を目指す企業が情報制限は逆行している。

閲覧制限などあり得ない。

訴訟の結論が出る前にもはや逃げている。

せめて被害者学生達くらいから逃げずに正々堂々と向かえないのか?

訴訟姿勢も投資家だけでなく、多くの日本人が見ています。

猪塚武の人物像が表れてきました。

 

読者の皆さん、いつも応援ありがとうございます。

後ほど、youtube投稿します。

その時に新情報も投稿するかもしれません。

 

 

 

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    裁判の終わりまでキリロムビジネスが続いているとは思えない。キリロム投資家も閲覧を希望しているはずです。非公開にして利点などないはずです。裁判の内容を伏せて投資家の前で異なった事を言って通ると考えているなら、猪塚の頭は相当幼稚過ぎる。しかし二枚舌は過去猪塚の投資勧誘で行われてきたことで、裁判よりビジネス崩壊までの時間稼ぎであるかもしれない。

  2. 匿名 より:

    閲覧制限の対象は、何書いているか分からないアホな訴状を公開させないため。目的は増田弁護士のアホさをこれ以上ブログで書かれないようにするため。
    数行の段落内で前記と後記の内容が矛盾しているようなアホな文章は中学生でも書けません。中学生の試験でも最後まで見直せと教育されているぞ。増田弁護士ら3人お前らアホか。アホさらした訴状をこれ以上公開されたくないからでしょう。でもアホとバレてしまってからではもう時既に遅し。

  3. 匿名 より:

    色んな訴訟があって混乱してますが、現在は下記の物が動いてるんでしたっけ?

    カンボジア
    ①退学させられた元学生(日本人)によるキリロム大学に対する刑事訴訟(暴行)
    ②キリロム大学による元学生に対する刑事訴訟(情報遺漏?)

    日本
    ①退学させられた元学生(日本人)によるキリロム大学に対する民事訴訟(不当な退学による経済的損害)
    ②キリロム大学による谷氏に対する民事訴訟(名誉棄損)

    カンボジアでの訴訟に関して公判日は不明?未定?
    日本での訴訟に関して公判日:
     元学生→キリロム大学の訴訟 8月28日
     キリロム大学→谷氏の訴訟 9月?

    谷氏の方からキリロムに対して訴えた訴訟ってありましたっけ?
    同時に動いているので把握してません…

    • tanichucambodia より:

      経過報告いたします。
      カンボジア1は、猪塚武らが検察の出頭に応じていません。期日延長を3度行っています。次回出頭予定は来月です。
      カンボジア2は私と学生2名が対象です。ただし訴訟でなく警察への被害届です。告訴には至っていません。5月27日に私のみの逮捕状が発行され6月10日に法務大臣により逮捕状の無効が決定されています。
      日本1は、本日2020年8月28日神戸地裁にて第一回公判です。
      日本2は、神戸地裁でA2Aタウンカンボジアの訴訟提起していますので、神戸地裁、東京地裁と別々に審議するには適さず、訴訟管轄を神戸地裁への移送申立てを行い、移送審議が決定しましたので、本訴訟は期日が延期になっています。

      尚、猪塚武らの弁護代理人増田英次弁護士が、裁判の重要争点の非公開を求めるかのような閲覧制限申請を行ってきています。例えば「2020年入学者0名が企業秘密」との主張です。正当性がないと思われますので意見書を提出します。
      以上です。

      tani

      • 匿名 より:

        谷さん、ご丁寧にご説明いただきありがとうございました。
        公判日を先延ばしても何も変わらないと思いますし、この増田弁護士もおかしいですね。

  4. 匿名 より:

    小林マリン、本当に准看護師の資格有していますか?
    また、偽名ではないですか?

    法廷で確認をお願いします

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。