キリロム

キリロム工科大学猪塚武の弁護士増田英次著の本をたった1円で購入しました。

キリロム工科大学2020年新入学生0名が企業秘密で民事裁判の閲覧制限の申請してくるとはどうなっているんだと思います。

高校生もその保護者も昨年何人日本が留学したのか分からなければ年間100万円以上払って大学に行けないのは当たり前のことです。

高校生に事実を隠したりすることが「正しいことをする技術」とは多くの日本人が感じるでしょう。

画像 http://souzoku-jigyoushoukei.com/professional/299/ より引用

面白いこと言い出すキリロム工科大学猪塚武らと増田英次弁護士です。

意味不明瞭な訴状を書いてくるかと思えば、閲覧するな!申請とか、掘り出せば他にも色々と出てきそう増田英次弁護士ですが、弁護士いじっても仕方ありませんので読者の皆様、突っ込みたいことはたくさんあると思いますが、許してやって下さい。コメントもお手柔らかに!

さっさと本題に入ってもらわないといけません。

こんなことで時間食っていたら、間違いなく訴訟進行でも首をかしげるようなことやると思います。

増田英次弁護士の「超一流弁護士の正しい」本が1円でAmazonに出ていましたので、

購入しました。

増田英次弁護士、礼は要りませんから(^^

本が届いたら超一流弁護士のコンプライアンスとやらを勉強させて頂きます。

 

どうやったらキリロム工科大学 A2ATOWNカンボジア副社長別宮健三郎のように自分の会社のライセンスがあるかどうかが答えられなくなるのか?

やっぱり「やましい」からではないの?

この本で勉強します。

このファイルは「超一流弁護士の本たった1円」というファイル名で保存しています。

1円の価値しかないのか?中古品で1円なのか?は私は分かりません。

本の批評はまたブログでします。読者の方でお付き合いしてくれる方も1円で購入して読んでいてもらえますでしょうか。お願いします。

読者の皆さん、いつも応援ありがとうございます。

 

PS-私の本のレビューにも批判が入っていました。(^^

但し根拠は書いていません。根拠なき批判は誰が書いたか直ぐ分かりますよ。

 

 

POSTED COMMENT

  1. 🚀 より:

    こんな適当な弁護士の本なんか買うどころか金を貰った方が良い

  2. 匿名 より:

    コンプライアンス第一人者はもういいけど、どんな裁判やったかは書いていませんね。学術派の弁護士でないですか。損害賠償で8000万円も請求するなら、本題に時間かける必要があると思いますが、学生0名を企業秘密で表に出さないで下さいの申請は訴訟戦略としても有効と思えません。しかしどうして0名を非公開申請するのか理解できません。0名になった損害賠償は分かりますが、学生数0名が名誉毀損になるのですか?

  3. 匿名 より:

    谷さんが言うように相手は猪塚キリロム大学であって弁護士の増田では無いですね。まあ、コロナ禍で弁護士も通常よりは暇を持て余してるでしょうからこの案件については同業の弁護士も関心を持って見守ってる事でしょう。
    増田と同類の弁護士もいるでしょうが、増田を快く思っていない弁護士も結構いるはず。そういう弁護士からしてみれば当案件の結果が増田の弁護力でどうなるのか、ひじょうに楽しみにしてる人もいると思います。
    素人目にも谷さん、元学生サイドがほぼ勝訴するである事に疑いはありませんが、いかに猪塚キリロム大学の敗訴時の傷(損失)を最小限に食い止めるか、増田弁護士の腕の見せ所ですね。

    増田弁護士、正義に負けずに頑張ってください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。