キリロム

キリロム工科大学猪塚武、増田英次弁護士、またまた再度、被害者学生の名前住所を企業秘密と閲覧制限申請

画像 http://souzoku-jigyoushoukei.com/professional/299/ より引用

キリロム工科大学猪塚武、増田英次弁護士が、またまた被害者学生の名前住所を企業秘密と閲覧制限申請しています。

猪塚武、増田英次弁護士の閲覧制限申請                       ↓                                        被害者学生弁護人の申請への反論                          ↓                                        猪塚武、増田英次弁護士の再度閲覧制限申請

いつまで繰り返すのか分かりません。延々とやるのでしょう。猪塚武と増田英次弁護士よく似た性格の二人が考えた訴訟戦略に対して好きなだけやって下さいと被害者学生達も呆れていました。

訴訟の本題に入ろうとしないやり取りを意地になってやる必要はブログ筆者も被害者学生達も理解できません。

何度も言いますが、そんなことに時間を費やすくらいなら

「被告は、vKiriromグループがゴルフ場建設のみを目的として約5億円の投資を受けたものではなく、また、ゴルフ場建設が進んでいない原因が原告vKiriromにないにもかかわらず、2020年3月24日、カンボジア不動産ブログに、以下の掲載内容を含む、vKiriromグループがゴルフ場建設のみを目的として投資を受けた約5億円について、他の目的に当該資金を流用する意図を有している旨の記事を投稿した」

⇧自称超一流弁護士増田英次弁護士が書いた意味の分からん矛盾した訴状をよく読み返して訴訟がスムーズに進行できるように努めるべき!その方が原告被告とも有益と思います。

ともかく、訴訟の本題に進もうとしない態度を広く日本人に知られて不利益になるのはどちらか、どのように多くの日本人に写るかを考えたらいいと思います。

良識ある日本人ブログ読者だけで考えてみましょう。

キリロム工科大学猪塚武らを訴えている原告である被害者学生の住所、名前がキリロム工科大学の企業秘密になるのか?

被害者学生たちはキリロム工科大学猪塚武らを訴えるために自ら決意して名前、住所を表に出して訴訟に挑んでいます。

被害者学生達は大学を不当に退学させられて、30分以内に大学から出ていけと言われてプノンペン空港に放り出されました。猪塚武は自らのブログで「刑務所に行かないだけでもありがたいと思え」「日本大使館に面倒を見てやってくれ」とまで言い放ち、翌日学生達を刑事告訴しています。学生達、うち2名は未成年者に対して非人道的行為を行っています。被害者学生達は人生を狂わされています。

猪塚武らは被害者学生達を捨てておいていつまでも自分の所有物のような感覚を持っているかのように受け取れます。

学食の衛生管理を改善しない、学生を学校の労働にタダ働きをさせる、スマホの中身を見せろと脅迫するなど学生を「物」として見ていると私はブログで以前から訴えてきました。

被害者学生達は、「物」でなく「人格と意思」を持っています。まして訴訟上敵対しているのに名前住所がいつまでもキリロム工科大学の企業秘密のはずがありません。

しかし裁判所がいかなる判断を下すかは分かりません。

コメントにありましたが、痴漢被害者が名前住所を非公開、閲覧制限をかけるなら理解できます。しかし痴漢加害者が被害者の名前住所が痴漢加害者の秘密だと言って閲覧制限をかけることはないでしょう。

キリロム工科大学猪塚武が学生から訴えられていることを隠したいだけではないかともコメントにはありました。

一般人、良識のある日本人の多くの考えはこうだと思います。

そして

画像 http://souzoku-jigyoushoukei.com/professional/299/ より引用

増田英次弁護士が超一流弁護士か否かはブログ筆者は分かりませんが、

本当に尊敬されて、胸を張れるのか?

もうやめよう!その。。。

読者の皆さん、いつも応援ありがとうございます。

自称超一流弁護士増田英次弁護士のその他著

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    学生を退学させて訴えられているのだから学生の名前住所がキリロム工科大学の企業秘密は無理過ぎるのではないですか。それを二度も申請するしつこさ、子供のケンカの様相は確かに超一流弁護士も猪塚武と似ていると思います。どうしてそんな考えが湧いてきてしかも二度も申請するのか理解しがたいですが、本題に入られるとよほど困るのでしょうね。困るのはここのブログで詳細に公開されたら来年も学生は0名で企業からの寄付は控えらえるからでしょうね。それこそ超一流弁護士の書籍のように正しいことをすべき時かと思いますけど。

  2. 匿名 より:

    被害者学生の名前が企業秘密って矛盾していませんか。強制退学措置を取られた元学生が載っている日経ビジネスの記事について、元学生が削除要請をしたものの担当記者から無視されていますよね。その記事を猪塚武氏はSNSや自分のサイトなどで拡散しているわけで、もし元学生の名前が企業秘密なのだとしたら猪塚氏自身が進んで漏洩しているということです。
    しかしより自爆行為と言うべき猪塚氏の漏洩行為は、訴訟相手の名前や住所が企業秘密であるなどという土台無理筋な話を持ち出してくることで、いかに猪塚氏が常識に欠け、またそのような手法を取らざるを得ないほど追い詰められているか、改めて周知のものとしたことでしょう。
    名前や住所の件はあくまでジャブのようなもので、これからあらゆる点について企業秘密という口実を使ってくることが容易に予想されます。これは時間稼ぎにはなるかもしれませんが、ジェット谷氏のブログスタンス的に無意味どころかむしろ燃料投下以外の何物でもありません。簡単に言えばネタ提供そのものです。
    お白州で決着をつけることを望んだのはキリロムサイドでしょう。いきなり遅延作戦はお粗末すぎやしませんか。これまでの投資家向けの説明やメディア等で散々公言してきた内容と矛盾する主張を法廷上ですることになるため、できるだけ非公開で進めたいのは分かります。しかし、裁判が長引けば長引くだけ苦しいのは猪塚氏サイドであるのは本人が否定しようが動かしがたい事実でしょう。私はこの案件、軽く1年はかかるとみていますし、途中不可思議な主張が次々と出てくると見ていますが、判決が出る時に学校が存在するとはとても思えませんね。

  3. 匿名 より:

    いくら裁判を長引かせようとしてもキリロム王国に何のメリットも無いんだけどね。猪塚は東南アジアが長いから時間稼ぎできれば後は有耶無耶にできると踏んでるんだろうけど、闘う相手は日本人だからね~、そうは問屋が卸さないよ。
    死んでお詫びしろ、とまでは言わんが、自分のやった事に責任を持って罪と認められたら素直に罰を受ける気持ちにならないとこの先の人生ツライと思うよ。
    まだ50代前半だろ?普通に行けばあと20年以上生きるんだからさ、人の為に生きろとまでは行かなくても他人に迷惑をかけない人生を送れるよう気持ちを入れ替えて欲しいわ。まだ少しでも良心が残ってるならこれから先の事を良く考えて欲しい。
    大学の先輩より

    • 匿名 より:

      身内にも心配されてしまって。。
      長引かせるのが目的というより本当に公開されたくないだけだろうね。であれば、さっさと示談して片付けなよと言いたい。
      非公開にしたいのは、分が悪いからでしょう。解ってるなら争う必要もないわけで。
      結局、どこまでもプライドが邪魔して合理的判断ができないところまで堕ちてるのね。

  4. 匿名 より:

    なんか必死だね
    裁判始めるまでにキリロムは事業がこけかけているし、超一流弁護士もアホな文章力さらしてコケまくっているし、本題に入る前の悪あがきみたい

  5. 匿名 より:

    とにかく俺は強い。谷氏に勝ちたいプライドで事業は潰れかけ。だけど訴訟での悪イメージは隠したい。学生に被害者の会を作られた時点で終わっていると思うけどね。

  6. 匿名 より:

    自分のちっぽけなプライドを守りたいために実業を捨てるって典型的なダメ経営者だなw
    猪塚の周りにいる連中だって生活掛かってるだろうになんでこんな基地外の言いなりになってんだろう。こいつら全員人生終わってんな…

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。